ずっと一緒だよ!

愛猫 タロー(9才)が2015.10.9 ワクチン誘発性 線維肉腫で永眠。タローが逝ってしまった後に、里親会から、茶トラのジローを迎えて、心の中で思うまま、感じるまま、書いてます。

それでもワクチン打つ?

室内飼いの猫(1頭飼い)の場合、はっきり言ってワクチンを打つ

意味があるのかどうか・・・

しかも、毎年打たなくてもいいと思います。


腫瘍ができる確率は低いですが、でも 我が家のタローを見ていると

毎年せっせと、通っていた私自身も、考えさせられました。


何故ワクチン接種によって腫瘍ができるのか・・・

それは、ワクチン自体に発癌性があるため

(特に、ニャンコの白血病ワクチン)


私も勉強不足のために、ごめんね。タロー。

本来ならあと5年位生きてくれたかも…

悔やんでも、仕方ないけど… とっても悔しい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。