ずっと一緒だよ!

愛猫 タロー(9才)が2015.10.9 ワクチン誘発性 線維肉腫で永眠。タローが逝ってしまった後に、里親会から、茶トラのジローを迎えて、心の中で思うまま、感じるまま、書いてます。

食欲がチョットでてきた。

今日は、病院に行ってきた。

ステロイド打ってもらって、少し食欲と元気が出てきた。


タローは、

悪性のワクチン誘発性線維肉腫、不活性ワクチンのアジュバンドが原因の線維肉腫。。


手術しても、肺に転移している可能性あり、半年もったらいいと…

心臓も悪いので、手術しても、その後の放射線治療も

週3回麻酔するとなると、多分、タローの体がもたない…


夫婦二人で、悩みに悩んだ結果、残された時間は、余計なストレスを与えず、タローと静かに暮らす。

嫌な病院行って、手術しても、また再発してしまう、やっかいなしつこい悪性腫瘍だそうです。

沢山、泣きました。


気待ちの整理がつかず、ランニング中にも、グッときて、泣きながら走ってました。

泣きたいのは、タローなのにね…

これから先は、なるべくタローのそばに居て、い〜っぱい可愛がってあげようと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。